重要なSEO対策PING送信「PINGZONE」

重要なSEO対策PING送信「PINGZONE」

ブログを作る上で、

とても重要なSEO対策にPING送信があります。

 

「Ping」はピン又はピングと呼びますが、

ではPing送信とは?

検索エンジンに記事を更新したことを知らせるために、

更新情報を各Pingサーバーに送信(通知)させるブログ特有の機能です。

 

 

ネット上には、ブログなどの新着記事を集めている

更新情報が蓄積される場所(Pingサーバー)があるのですが、

そこに自分の記事の情報を送ることができるのです。

ピングゾーン

 

Pingサーバーには、検索エンジンのクローラーも頻繁に出入りしているため、

自分のサイトの更新情報をPingサーバーを通して知らせることができます。

 

Ping送信する事で、あなたのブログ記事も

検索サイト(YahooやGoogleなど)から検索されるようになります。  

 

一度設定しておくとほぼ自動で送信してくれますので、

必ず行っておきたいSEO対策の1つです。

※ブログによって設定できるPing送信先の数に制限がある場合があります。

アクセスアップ

 

ただ、あまりたくさんPing送信先を設定しすぎても

記事の更新に時間がかりすぎるので、

10~20箇所ぐらいでもよいでしょう。

 

また、便利なPing送信ですが、送信が簡単なだけに、

受け取り側のサーバの管理が大変で年々数が減ってきました。

 

そこで、有力Ping送信サービスをご紹介します!  

 

 

Ping送信サービス「PINGZONE」

 

今回はPing送信サービス「PINGZONE」をご紹介します。

PINGUZONE

http://www.pingzone.jp/

 

PINGZONEは登録無料の、

約20種類のpingサーバーに一括送信してくれるサービスです。

 

一括送信数はpingoo!よりも多く、

登録しなくてもすぐに約10個のPing送信ができるのです。

 

登録すると20個のPing送信が可能で、

もちろん一度登録すれば、後は自動で行ってくれます。

 

送信先の配信状況も確認できますし、サイトの登録制限もないので、

数多くのサイトをPINGZONEで管理できる、とても便利なサービスです!

 

同じようなピング送信サービスで「PINGOO!」があり、

PINGOO!の方が個別Ping送信先がある場合など、

1つずつ設定できていい場合もあるので、

 

両方を使い分けすることで、取りこぼしなくピング送信できると思います。

 

PINGZONEの登録方法と使い方

 

では、PINGZONEの登録の仕方をお伝えします。

 

●まず、「PINGZONE」の右側一番上の登録フォームから

「無料会員登録」をクリックします。

pingzon申し込み  

 

●次にメールアドレスを入力するフォームが現れますので

入力し、送信してください。

 

pingzon申し込み

 

登録したメールアドレス宛に「PINGZONE」仮登録完了の件名でメールが来ます。  

 

 

●登録したメールを確認し、URLをクリックして本登録を行います

 

ニックネームとメール、パスワードを入力して、「登録」をクリックしてください。

※忘れないようにメモしておいてくださいね。

pingzon申し込み

 

すぐに出てくるブログ登録のフォームでping送信ができます。

 

このフォームでもPing送信できますが、マイページの方に登録しましょう。  

 

 

●マイページでブログの登録をします。

pingzone3

 

ブログ登録はマイページを開き、「ブログ追加」からブログURLを登録するだけです。

改行で複数ブログの登録が一度にできます。  

 

 

●URLを登録したブログの方の、Ping送信先欄に下記を追加。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.pingzone.jp/ping.php

 

マイページにURL登録したブログの管理画面から、

Ping送信先欄に、上のピングゾーンのピングURLを登録してください。

 

※WordPressの場合は、ダッシュボード⇒設定⇒投稿設定の一番下にある

「更新情報サービス」に追加します。

 

送信後は送信先の配信状況も送信履歴で確認できます。  

 

 

PINGZONEは一度登録しておけば、記事を更新するたびに

Ping送信をしてくれますので、とても便利です。

 

あなたのブログのSEO対策にお役立てください。

 

 




ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ